太陽光発電

太陽光発電がやばいと言われる理由は?トラブルや注意したいポイントを紹介

太陽光発電について調べると「太陽光発電 やばい」などのキーワードが出てきて、不安になっている方もいるのではないでしょうか。家庭用太陽光発電の黎明期には詐欺が多くあり、いまだにそのイメージが残ってしまっています。また、太陽光発電はメリットデメリットを把握しておかないとトラブルの元になります。

今回は、太陽光発電を設置して後悔しないために注意するべきポイントや太陽光発電の将来性について解説します。

太陽光発電がやばいと言われる理由は?

太陽光発電がやばいと言われる理由は、あらかじめ知識をつけておけばどれも回避できるものです。

悪徳業者に依頼した

悪徳業者に依頼してしまい高額な費用を請求される、追加工事を請求される、などの被害があります。また、メーカー規定の工事を行っておらず設置後に雨漏りしてしまったケースも。そういったことを避けるために、いくつかの業者から見積を取って相場と比較して費用が高くないか、対応に不審な点がないか確認をして、信頼の出来る業者へ依頼をしましょう。また、過度の値引交渉は工事の質を落としかねないので、注意しましょう。

質の低い太陽光発電を購入した

太陽光発電は海外で生産された製品もあります。海外メーカーの中には質の悪い太陽光発電を製造しているケースもあるため、注意が必要です。また、不具合があった際にメーカーへ問合せをしても電話が繋がらず対応が長期化してしまう恐れもあるので、取り扱いメーカーの確認も大切です。

屋根にパネルが合わない

業者に言われるがまま1つのメーカーだけで決めてしまい、あまり屋根にパネルが載らないのに高額な費用を請求されるケースも。1つのメーカーだけでなく複数のメーカーに設計してもらい、ご自宅の屋根に最適なメーカーを選びましょう。

立地の条件が合わない

土地開発が進んでいる地域だと、高層ビルなどが建設される可能性があります。それが原因で発電量が低下してしまっても、補償はしてもらえません。将来的な地域の計画も含めて導入を検討することが必要です。

社会問題に発展する可能性がある

太陽光パネルの反射による光害で訴訟問題に発展してしまったケースがあります。そうならないためにも、あらかじめどのようなトラブルが起こりうるのかしっかり把握し、未然に防ぐことが必要になります。

太陽光発電関連のトラブル

続いて、太陽光発電関連で起きた過去のトラブルを紹介します。

施工不良による雨漏りが発生する

前述したとおり、悪質な業者の中にはメーカー規定の工事をおこなわず、設置後に雨漏りしてしまったケースがあります。メーカーの施工研修を受講し、屋根を熟知した業者による施工が必要です。

業者が倒産した

太陽光発電を設置した業者が倒産してしまうケースもあります。最初から費用だけ受け取り、施工せずに計画倒産をする悪質な業者がいます。故意ではなくても、業績不振などで倒産してしまった場合は、設置業者からのメンテナンスが受けられなくなってしまうケースも。特に、海外メーカーの場合、日本法人が存在しているか、何かあった際の問い合わせ窓口があるかを確認しておくことが必要です。

発電量が少ない

太陽光発電を設置したはいいけれど、発電量が思ったよりも少ないケースもあります。パネル枚数を増やすためだけに無理な設置をしていないか、影になってしまう部分や近隣の影響を考慮した設計を行っているかどうかしっかり確認をしましょう。

太陽光発電の将来性は?

これから太陽光発電を導入しようとしている方は、太陽光発電の将来性が気になるのではないでしょうか。

発電効率が上昇している

太陽光パネルの性能は年々向上していて、発電効率も上昇しています。導入コストも減少しつつありますが、今後も技術面の進歩が見込まれているので、さらにコストは低く発電効率は高くなるでしょう。

ZEH支援事業が増えている

ZEHとは、省エネ化と再生可能エネルギーの導入を組み合わせることで家庭でのエネルギー消費量がおおむねゼロになる住まいのことをいいます。国が主導となって太陽光発電の普及を後押ししています。

太陽光発電は導入するべき!導入のメリットとは?

ここまでは、太陽光発電のトラブルや注意するべきポイントを解説しました。それをふまえて、ここからは太陽光発電を導入するべきメリットについて紹介します。

電気代が安くなる

太陽光発電を設置すると、屋根の上で電気を作り自分の家で使うことが可能です。今まで電力会社から買っていた電気代がかからなくなるため、電気代を抑えることができるでしょう。

寿命が長い

太陽光パネルの寿命は20年程度といわれています。30年近く長持ちするものもあり、きちんとメンテナンスをおこなっていれば、長期にわたって太陽光発電システムの機能を持続させることができます。

環境に優しい

太陽光発電では二酸化炭素を排出せずに発電することができます。近年問題視されている環境問題やエネルギー問題に貢献することができ、環境にやさしい発電方法です。

売電収入を得られる

太陽光発電システムで発電した電力を、電力会社が一定期間 一定価格で買い取る「固定価格買取制度」。この制度で定められていた当初の買取価格は1kWhあたり48円(10kW未満の場合)でしたが、太陽光発電システム自体の導入コストが下がっていることもあり、現在では1kWhあたり17円まで下がっています。以前は、発電した電気を売電することによって副収入を得られていましたが、現在では電力会社から電気を買う金額よりも安くなっています。
そういったことから、太陽光発電システムの設置は「電気を売る」から「電気を買わない(自給自足)」というフェーズに移行しています。そのためには、自給自足に最適な蓄電システムを導入する必要があり、そうすることで高い経済効果も得ることができます。

太陽光発電はやばくない!

株式会社サンフィールドでは、実際に導入を検討されているご家庭にお伺いして、月々の電気代やご家庭のライフスタイルをヒアリングし、ニーズに合わせたご家庭にとって最適な太陽光発電システムをご提案しています。各メーカーの豊富な施工実績や、導入後の充実したアフターサービスもあり、太陽光発電システムを長く、安心してお使いいただける体制も整っております。少しでも太陽光発電システムの導入にご興味があるご家庭はお気軽にサンフィールドまでお問合せ下さい。