エコキュート

各給湯器がお湯を沸かす仕組みとは?マンションの場合も解説!

キッチンでお湯を使ったり湯舟にお湯をためたり、わたしたちの生活に欠かせない給湯器。そんな給湯器は一体どのような仕組みでお湯を沸かしているのでしょうか。給湯器の仕組みを知っておけば、修理や交換の際に役に立ちます。今回は給湯器の仕組みや種類を紹介します。マンションにお住まいの場合も併せて解説しますので参考にしてみてください。

給湯器の仕組み

まずは給湯器の仕組みについて紹介します。給湯器には大きく分けて2種類あります。

瞬間式

瞬間式は、配管の中を通る水を配管の外側から温めて給湯します。直圧式と呼ばれることもあります。瞬間式の場合は、水道の水圧を直接利用できるため、シャワーなどの水圧が弱まることがありません。

貯湯式

貯湯式は、貯湯タンク内に水を貯めてヒーターなどでタンク内の水を加熱します。そしてそのお湯をタンクから供給します。貯湯タンクは断熱材を使用しているのでお湯が冷めにくいので頻繁に加熱しなくても問題のない構造になっています。

給湯器の種類と仕組み

給湯器で使用される燃料にはいくつか種類があります。

ガス給湯器

ガス給湯器は、ガスを燃料として点火し水を温めます。ガス給湯器はガスのみで稼働するわけではなく電気も必要です。電源プラグが抜けていたり停電したりすると給湯器は使用できなくなります。

電気給湯器

電気給湯器は、電気でヒーターを稼働させ水を温めます。一般的な電気給湯器は貯湯式となっていて、夜間の電気代が安い時間を利用してお湯を沸かし貯め置きます。

エコキュート

エコキュートは空気と電気の力を使ってお湯を沸かします。空気中の二酸化炭素を圧縮した熱を利用して水を温めることができるので、環境にやさしい給湯器といえるでしょう。電気給湯器と同様に夜間の電気代が安い時間帯にお湯を沸かします。

石油給湯器

石油給湯器は、石油を燃料として点火します。仕組み自体はガス給湯器と似ていますが、ガスと違って燃料を配管で供給できないため、ご自身で給油をおこなう必要があります。

マンションの給湯器の仕組み

マンションなどの集合住宅に設置されている給湯器は、一戸建ての給湯器とは少し異なります。

セントラル方式

セントラル方式では、建物の地下などに建物全体の給湯設備が設置されています。建物全体で燃料費を負担する「基本料金制」や、〇リットル〇円といった風に使う分だけ購入する「プリペイド制」で支払います。

個別方式

個別方式は、部屋ごとに給湯器が設置されており、使用した分だけ料金を支払う形です。最近のマンションは給湯設備が壊れたときのリスクを考慮して、個別方式を採用していることが多いです。

エコキュートの追い焚きできる?

エコキュートは、夜間の電気代が安い時間帯を利用してお湯を沸かすと紹介しました。「夜間にお湯を沸かすんだったら追い焚きはできないの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

エコキュートの追い焚きの仕組み

ガス給湯器は、ぬるくなったお湯を給湯器に戻してガスで火を燃やして温め直します。それに対して、エコキュートはぬるくなった浴槽のお湯をエコキュートに戻して、タンクにたまっている高温のお湯(MAX90度)の力で温め直します。

足し湯機能でもお湯を温められる

足し湯機能とは、追い焚きと違い浴槽のお湯はタンク内に戻さず、浴槽に貯湯タンクのお湯を混ぜて適温にします。エコキュートはリモコンに表示されている40度前後のお湯を「たし湯」として使うことはもちろん、60度の高温のお湯をたし湯する「高温たし湯」という機能もあります。

安全性が高く、光熱費を抑えられるのはエコキュート

エコキュートはガス給湯器と違って火を使用しないため、火災などが発生する可能性が低くなります。さらに、夜間の電気代が割安な料金プランを契約することができます。エコキュートは夜間にお湯を沸かし貯めておくので、おのずと電気代が安くなります。

給湯器は環境とお財布に優しいエコキュートがおすすめ

今回はエコキュートについて解説しました。株式会社サンフィールドでは、実際に導入を検討されているご家庭にお伺いして、月々の電気代やご家庭のライフスタイルをヒアリングし、ニーズに合わせたご家庭にとって最適なエコキュートをご提案しています。各メーカーの豊富な施工実績や、導入後の充実したアフターサービスもあり、エコキュートを長く、安心してお使いいただける体制も整っております。少しでもエコキュートの導入にご興味があるご家庭はお気軽にサンフィールドまでお問合せ下さい。