エコキュート

給湯器の交換はどこに頼むべき?業者を選ぶポイントを紹介!

給湯器の交換はどこに頼むべきなのかと疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。給湯器の寿命は8年~10年程度であるため、交換する必要があります。また、不具合が起こった際も交換する必要があるため、交換する依頼先で悩む人は少なくありません。そこで、今回の記事では給湯器の交換を頼む業者を選ぶポイントを紹介します。この記事を読むことで、どのようなポイントに注意して依頼先を決定すればよいか理解できるようになるため、ぜひ参考にしてみましょう。

給湯器は交換が必要?

果たして給湯器の交換は必要なのでしょうか。結論から述べると、給湯器の寿命は8年~10年程度であるため交換する必要があります。給湯器を交換しないと、トラブルが起きやすくなったり、修理に時間がかかったりするため、業者やメーカーの指示に従って交換を行うことが大切です。また、お湯が出なくなった、異常な音がするなど、トラブルが起きた際にも給湯器の交換が必要になるでしょう。

給湯器交換の依頼先を選ぶポイント

給湯器交換を頼む場合、どのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。ここでは、給湯器交換の依頼先を選ぶポイントを紹介していきます。

施工実績

依頼する業者がこれまでにどのような工事を手掛けてきたのか、実績を確認することをおすすめします。業者によって得意とする工事や扱っているメーカーなどが異なるからです。ホームページやソーシャルメディアなどで施工実績を確認できることがあります。また、口コミサイトやブログなどでも情報を集めると良いでしょう。業者の施工実績を踏まえた上で、給湯器の交換を得意とする業者を選ぶことが大切です。

対応スピード

どれくらいのスピードで対応してくれるかも重要なポイントです。特に冬場にお湯が出ない、故障してしまったなど、緊急性が高い場合は即対応してくれる業者を選ぶことをおすすめします。業者の中には24時間365日電話で相談できるところや、土日も営業しているところがあります。緊急でない場合は他のポイントを重視しても良いですが、まずは業者に問い合わせて、どれくらいのスピードで対応してくれるかを確認してみましょう。

アフターサービス

業者を選ぶ際は、アフターサービスの有無を確認するようにしましょう。工事が完了した後にトラブルが発生した場合、無償で追加工事をしてくれるかなどは重要なポイントです。アフターサービスの内容や期間は業者によって変わります。アフターサービスがない場合、トラブルが発生した際は有料になるケースもあるため注意が必要です。製品保証期間が10年など、長く保証してくれるサービスや製品を選ぶと良いでしょう。

スタッフの対応

スタッフの対応にも着目することをおすすめします。スタッフが丁寧に対応してくれるか、連絡が遅くないかなどは重要な判断基準です。継続して同じ業者を利用したい場合は、長年付き合っていくことになるため、対応の悪いスタッフだと不満が溜まってしまうでしょう。質問に気軽に答えてくれたり、最適なプランを提案してくれたりなど、どのような対応をしてくれるかを見極めることが大切です。

技術

業者を選ぶ際は、技術力も大切な判断ポイントです。給湯器でトラブルが生じた場合、細部の加工が必要になる工事もあります。このような細かい工事を雑にやられてしまうと、短いスパンでトラブルが起きやすくなったり、追加工事の費用がかかったりする可能性があります。事前にホームページで実績を確認するほか、ブログやSNS、口コミサイトなども確認しましょう。

給湯器の交換はどこに頼むべき?

給湯器の交換はどこに頼むべきなのでしょうか。具体的な依頼先を確認していきましょう。

ガス会社

多くの家庭ではガス給湯器を使用しているため、ガス会社に頼むのも1つの手段です。普段利用しているガス会社であるため、安心して依頼することができます。しかし、ガス会社は交換にかかる費用が高いことや、交換できる給湯器に制限があることが懸念されるでしょう。現在使用している給湯器が使いづらい場合は、他のメーカーの製品などを使用することをおすすめします。

給湯器メーカー

給湯器を専門に扱う給湯器メーカーに依頼すると良いでしょう。給湯器メーカーは給湯器に特化しているため、適切な対応や、専門の部品などをスピーディーに用意してもらえます。しかし、土日はサポートを受けられない、費用が高くなるなどのデメリットもあるため、デメリットもしっかりと認知しておくことが大切です。

家電量販・ホームセンター

家電量販・ホームセンターで給湯器の交換を依頼することも可能です。家電量販・ホームセンターは、多くの製品を扱っており、幅広いラインナップから製品を選ぶことができます。また、普段利用している家電量販・ホームセンターであれば、ポイントなども利用できるため、コストを抑えることもできます。しかし、自分で最適な製品を見極める必要があるため、ある程度の知識やノウハウが必要です。

給湯器販売会社

複数の製品を比べて最適な給湯器を交換したいという人は、給湯器販売会社に依頼すると良いでしょう。給湯器販売会社は複数のメーカーの製品を扱っているため、自宅に最適な製品を選ぶことができます。また、給湯器販売会社独自のサービスを展開しているところが多く、アフターサービスや割引などを利用することが可能です。給湯器販売会社によっても提供しているサービスが異なるため、ホームページ等でサービス内容を確認しましょう。

給湯器の交換を頼む際の注意点

給湯器の交換先を選ぶ際はどのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。給湯器の交換を頼む際の注意点を、依頼先別に紹介していきます。

ガス会社

ガス会社は費用が高い傾向にあるため注意が必要です。コストを抑えて交換したいという人にはおすすめできません。また、扱っている給湯器の数に制限があり、複数の製品を比較したいという人には向いていないでしょう。業者を選ぶのに手間をかけたくないという人や、いつも利用しているガス会社に依頼したいという人におすすめです。まずはガス会社に問い合わせてみて、どれくらいの費用で請け負ってくれるか確認することが大切です。

給湯器メーカー

給湯器メーカーもガス会社と同様に費用が高額になりやすいことが懸念されます。また、工事を実施する業者もあらかじめ定められていることが多いです。さらに、給湯器メーカーは対応スピードに関しても注意する必要があります。連絡できるのは平日のみであるため、対応までに時間がかかるなど、対応スピードが遅い可能性があります。スピードを意識している人は他の方法を検討しましょう。もちろん、一概に全ての給湯器メーカーがそうであるとは限らないため、事前に確認することが大切です。

家電量販・ホームセンター

家電量販・ホームセンターは、給湯器以外の製品も扱っているため、専門性に欠ける可能性があります。給湯器の故障原因や留意すべきポイントなど、詳細をしっかりと把握しておきたい人は、専門性の高い依頼先を選ぶべきでしょう。また、複数の製品から自宅に合う給湯器を選ぶ必要があるため、事前に知識を身に付けておいたり、どのようなポイントで選ぶかを明確にしたりすることが必要です。

施工業者

施工業者に依頼する際は、安さだけで判断しないようにしましょう。安すぎる施工業者は悪徳業者である可能性が高いです。雑な工事をやられたり、見積書には存在しない工事を追加させられて料金がどんどん上がってしまったりする可能性があります。複数の業者から見積を取ってその中で格段に安すぎる業者があればやめておくようにしましょう。

 給湯器の交換を頼むなら?

今回の記事では、給湯器の交換先を決めかねている人に向けて、給湯器の交換を頼む業者を選ぶポイントを紹介しました。給湯器の寿命は10年〜15年程度で、お湯が出ないなどのトラブルが発生する可能性があります。交換が必要な場合、自分のニーズや給湯器の状況に合わせて最適な依頼先を選定することが大切です。サンフィールドは、ガス給湯器と比較すると光熱費を抑えられるエコキュートを扱っています。少ない電気で高効率な運転が可能であるため、長期的な視点でコストを抑えたい人はサービスの詳細について確認してみましょう。