500円玉貯金がなかなか続かない?継続する6つのポイントを解説!

投稿日 2023年7月3日 最終更新日 2023年12月14日

500円玉貯金」は貯金をするために手軽に実践できる方法ですが、中々続かないという方もいる方も多いのではないでしょうか。

・500円玉貯金が中々続かないが何とかして継続したい
・500円玉貯金を続けることができる方法が知りたい
・500円玉貯金以外にも貯金ができる方法があれば知りたい

この記事では、500円玉貯金に関わる疑問点、500円玉貯金を続ける6つのコツ、500円玉貯金以外の節約方法なども解説していきます。

「500円玉貯金」を上手く継続し、貯金を成功させたい方には必ず役立つ記事となっているので、ぜひ最後までご覧ください。

サンフィールドLINE公式アカウント

ご契約をしていないお客様の修理や質問、ご相談もLINEから受け付けております。ご登録は簡単!下記ボタンから30秒程度で無料でご利用いただけます!

LINEお友達登録

500円玉貯金とは?

500円玉貯金は、手元にある500円玉を専用の貯金箱に貯金する方法です。

では、どのくらい貯まるのか、貯めた500円玉をどう両替するのか、解説します。

1年間でどのくらい貯まる?

500円玉貯金は1年間でどのくらい貯められるのでしょうか?

例えば、1日に1枚貯金できる場合、182,500円の貯金ができます。

一方で、2日に1枚貯金できる場合は、91,000円の貯金ができます。

100万円を貯金する場合には、500円玉2000枚、1日1枚貯金をすると5年半程で貯金ができる計算です。

500円玉貯金はどこで両替ができる?

500円玉を目標の金額まで貯金できた場合、どこで両替をすればよいのでしょうか?

・貯まった500円玉は銀行で紙幣に変えることができる

貯まった500円玉は、銀行で紙幣に替えることができます。

500円玉の両替方法は主に2つあります。

①銀行の両替機、窓口で両替をする
②口座を持っている銀行に入金し、再度引き出す

両替したい枚数、貯めたい目標金額などに合わせて両替の方法を選びましょう。

・両替ができるおすすめの銀行一覧

貯まった500円玉の両替、入金ができるおすすめの銀行を紹介します。

一般的に、硬貨を両替、入金する際の手数料は、各銀行や両替する方法で異なります。

両替するよりも入金した方が無料にできる硬貨の枚数が多いので、口座やキャッシュカードを用意して入金したほうが500円玉貯金を長く続けるには便利です。

参考(三菱UFJ銀行):https://www.bk.mufg.jp/tesuuryou/sonota.html
参考(みずほ銀行):https://www.mizuhobank.co.jp/rate_fee/fee_sonota.html
参考(三井住友銀行):https://www.smbc.co.jp/kojin/otetsuduki/sonota/ryougae/

参考(三菱UFJ銀行):https://www.bk.mufg.jp/tesuuryou/sonota.html
参考(みずほ銀行):
https://www.mizuhobank.co.jp/rate_fee/coin_handling_fee.html
https://www.mizuhobank.co.jp/rate_fee/fee_sonota.html
参考(三井住友銀行):https://qa.smbc.co.jp/faq/show/6118?site_domain=default
参考(ゆうちょ銀行):
https://faq.jp-bank.japanpost.jp/faq_detail.html?id=823
https://www.jp-bank.japanpost.jp/news/2021/uemgm1000002qopu-att/a1642395115563.pdf

500円玉貯金を行う3つのメリット

すぐに始めやすい

500円玉貯金は、他の貯金方法に比べて手軽に始めることができます。

例えば、普段の買い物で余ったお釣りの500円玉を貯金箱に入れるだけで簡単に始めることができます。

始めるハードルが低いため、すぐに貯金に取り掛かることができるのがメリットです。

家計を圧迫しない

500円玉貯金は、貯金する金額が少額のため家計に負担をかけずに行える貯金方法です。

一度に多額の貯金をする必要はなく、少しずつコツコツ貯金を増やしていくことができます。

また、家計の状況に合わせて、自分のペースで貯金ができるのもメリットです。

経済的に余裕のない時期でも無理なく取り組むことができます。

楽しみながら貯金ができる

500円玉貯金は、楽しみながら貯金を続けることができることがメリットです。

特に、半透明の貯金箱を使用すると、貯金額の増加が目に見えてわかります。

そのため、貯金箱の中に500円玉が溜まっていく様子を見ることで達成感を感じることができます。

このように、貯金を継続するモチベーションを高めながら取り組むことができます。

目指せ100万円!500円玉貯金を継続する6つのポイント

500円玉貯金を継続するために、気軽にできる6つのポイントを紹介します。

目的を明確にする

まずは、500円玉貯金について「目標の貯金額を達成したら何をしたいか」という目的を明確にしてみましょう。

目的をクリアにすることで、貯金への意識が高まり、継続しやすくなります。

例えば、将来の夢の実現のために貯金する、自分へのご褒美として特別なアイテムを購入するために貯めるなど、目的を明確にしておきましょう。

具体的な目標や期限を設定する

貯金を始める前に具体的な目標や期限を設定することは重要です。

具体的な目標を持つことで、貯金の進捗を可視化し、モチベーションを高めることができます。

例えば、1年間で10万円、20万円貯める、毎月1万円を貯めるなどといった具体的な金額や期限を定めましょう。

また、2日に1枚は貯金するなど日別の目標を設定することで、日々のモチベーションを維持することができます。

このように、目標を達成するために必要な貯金額や期限が定まれば、逆算して月、週、日の単位でいくら貯めれば良いかが分かり、計画的に取り組めます。

お気に入りの貯金箱を使用する

お気に入りのデザインや形の貯金箱を選ぶと、貯金が楽しみになります。

お気に入りの貯金箱に毎日触れることで、貯金をすること自体が楽しみになり、継続しやすくなります。

自分の好きな色やデザイン、または好きなキャラクターが描かれたものを選ぶのもおすすめです。

手元に500円玉が残るよう工夫する

500円玉を貯金するためには、手元に500円玉が残るような工夫をしてみましょう。

日常の支払いの中で500円玉をあえて使わずに残しておくと、500円玉を貯めやすくなります。

また、大きな紙幣を使う際に、お釣りとして500円玉を混ぜてもらうなどの工夫も良いかもしれません。

目に留まる場所に貯金箱を配置する

貯金箱を目に留まる場所に配置すると、貯金をしていることを意識しやすくなります。

リビングルームやデスクの上など、日常生活の中で目に留まりやすい場所に置いておくと良いでしょう。

目に入るたびに貯金の目的や意義を思い出し、500円玉を貯めることへの意識が高まります。

参考:https://looop-denki.com/home/denkinavi/savings/review/500yen-savings/

500円玉貯金以外に簡単に節約する5つの方法

500円玉貯金と合わせて以下のような節約方法を行うと、さらに効果的にお金が貯まりやすくなります。

節約は少しずつ積み重ねることで大きな差を生み出します。

・外食をせずに自炊をする
・ポイントを貯める
・格安SIMを利用する
・ガスや電気の料金のプランを見直す
・省エネ家電に買い替える

おすすめの5つの節約方法を順に紹介します。

外食をせずに自炊をする

外食は便利で楽しみなものですが、毎日の食事を外食に頼ると費用が嵩んでしまいます。

そこで、自炊を取り入れると、食費を大幅に節約できます。

スーパーでリーズナブルな食材を選んで料理を作ればさらにコストを抑えることができるでしょう。

また、作った料理を冷蔵、冷凍して活用することで家事の効率化、省エネにもつながります。

ポイントを貯める

買い物をする際に、クレジットカード、電子マネーなどが提供しているポイントサービスを利用しましょう。

普段の買い物の時だけでなく、電気、ガス、水道、携帯電話、税金などの支払いでも、ポイントを貯めることができるケースが多いです。

次回の買い物で貯まったポイントを使うことで節約ができます。

格安SIMを利用する

格安SIMに変えるだけで、携帯電話にかかる料金を大幅に節約できます。

携帯電話の通信費は毎月の固定費の中でも大きな部分を占めています。

そのため、大手キャリアを利用している方は格安SIMに変えることで、通信費を大幅に節約できます。

自分の利用状況に合ったプランを選び、契約の見直しを行うことで、毎月の携帯電話の料金を節約することができます。

ガスや電気の料金のプランを見直す

節約には、普段使用しているガスや電気の料金プランを見直すことも重要です。

ガスや電気の料金は、毎月の支出の中でも大きな割合を占めており、年々値上がり傾向にあります。

そのため、自宅のガスや電気の供給元や契約プランを見直すことで、光熱費を削減できます。

まずは、複数のガス・電気会社の料金プランを比較し、自分の使用状況に合った最適なプランを選びましょう。

省エネ家電に買い替える

長年使用している家電を省エネ家電に買い替えるだけで、節約することができます。

古い家電製品はエネルギー効率が低く、電気代が増える要因です。

例えば、10年前の家電製品と現在の家電製品を比較した場合省エネ性能が大きく異なります。

省エネ家電には「省エネラベル」が付いており、買い替える際は、電源をオフにしても待機電力が低い家電製品を選ぶと良いでしょう。

家電製品の買い替えは初期投資が必要ですが、長期的な視点で見れば節約につながります。

まとめ

この記事では、500円玉貯金に関わる疑問点、500円玉貯金を続ける6つのコツ、500円玉貯金以外の節約方法について解説しました。

500円玉貯金は、家計への負担が軽く手軽に始めることができる点でおすすめの貯金方法です。

中々継続できない人はぜひ今回紹介した続けるコツを実践してみて下さい。

また、500円玉貯金以外にも今回紹介した節約方だけで法を実践することで、簡単に貯金をすることができます。

特に長年使用している家電は省エネ家電に買い替えるだけで、節約ができるのでおすすめです。

サンフィールドでは、エコキュートをはじめとする省エネ製品を多く取り扱っています。

ご家庭のライフスタイルに合わせた各メーカーの省エネ製品のご提案はもちろん、施工後のアフターサービスも充実しています。

省エネ製品に興味がある方は、ぜひお気軽にご相談下さい。

電話からのお問い合わせ

0120-300-450

受付/10:00〜19:00

※土日祝も営業中

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせ

受付/24時間受付中

※お問い合わせ内容の確認、返信は営業時間中となります。

サンフィールドLINE公式アカウント

ご契約者様向け「修理依頼サービス」や、エコキュートや蓄電池にエラーコードが表示された場合の対処方法を掲載!ご契約をしていないお客様の修理や質問、ご相談もLINEから受け付けております。お気軽にご連絡ください!

LINEお友達登録