【太陽光発電で電気代は安くならない?】評判や口コミ、成功事例を解説!

投稿日 2023年8月22日 最終更新日 2023年12月12日

太陽光発電は、地球温暖化やエネルギー問題への対策として注目を集めています。

また、電気代を節約できるというメリットもあります。

しかし、太陽光発電は設置費用が高いため、導入を検討している方の中にも「本当に電気代が安くなるのか」と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、太陽光発電で電気代が安くなるのか、評判や口コミ、成功事例を解説します。

また、サンフィールドでは、太陽光発電設備の設置にかかる費用の見積りを無料で承っています。

具体的な費用を知りたい方はぜひ下記よりご相談下さい。

\ 簡単!3分でお問い合わせ完了 /

太陽光発電の電気代は高い?利用者の評判・口コミを調査

太陽光発電は、電気代を節約できると期待されていますが、実際のところどうなのでしょうか?

そこで、今回は、太陽光発電の電気代について、利用者の評判・口コミを調査しました。

悪い評判・口コミ

日当たりが悪く、屋根に太陽光発電が乗らないならやめた方が良い

夜の電気使用量が多く、蓄電池がないとコスパが悪い

良い評判・口コミ

電気代が安く、売電も良かった

自家消費だと経済的に合理性が高い

自家消費だとかなりお得

電気代が4000円を切り、ありがたい

太陽光発電の電気代の平均は?

太陽光発電で節約できる電気代の目安

太陽光発電で節約できる電気代は、システムの規模や設置場所、電気使用量によって異なります。

一般的に、システムの規模が大きく、日当たりの良い場所に設置すれば、節約できる電気代も大きくなります。

現在ご家庭で使用している電気代がどのくらいかによって節電できる量も変わるので、一度電気代をシミュレーションしてみることをおすすめします。

電気代のシミュレーション方法

電気代をシミュレーションするためには、専門の業者に依頼をしましょう。

住宅の屋根の面積、日照条件、電気使用量などを調査して、太陽光発電システムの容量と設置費用を算出します。

また、太陽光発電で節約できる電気代についても算出します。

業者に依頼する際には、複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。

また、業者の資格や実績を確認することも重要です。

太陽光発電に関するよくある質問

太陽光発電システムの導入を検討している方の中にも、太陽光発電についてよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、太陽光発電に関するよくある質問をご紹介します。

設置費用はどのくらいかかる?

住宅用太陽光発電(5kW想定)の設置費用は、工事費込みでおおよそ75〜120万円です

ただし、国や自治体から太陽光発電の設置費用の補助金が受けられる場合があります。

補助金の金額は、システムの規模や設置場所によって異なります。

何年くらいで初期費用を回収できる?

太陽光発電の初期費用を回収するまでの期間は、システムの規模や設置場所によって異なります。

一般的に、5~10年程度で回収できると言われています。

太陽光発電は、電気代を節約できるだけでなく、環境にも優しいエネルギー源です。

設置費用はかかりますが、長い目で見れば元を取り戻せるだけでなく、電気代の削減など利益を生み出すこともできます。

太陽光発電の費用対効果を高める方法4選

エコキュートなど省エネ機器を活用する

太陽光発電の費用対効果を高める方法の一つは、エコキュートなどの省エネ機器を活用することです。

エコキュートは、従来の給湯器に比べて省エネ効果が非常に高く、太陽光発電と組み合わせることで、さらに省エネ効果を高めることができます。

蓄電池で電気代が安い夜間に蓄電する

蓄電池で電気代が安い夜間に蓄電することで費用対効果を高めることができます。

太陽光発電は、昼間に太陽光をエネルギーに変えて発電しますが、夜間や曇りの日は発電できません。

そのため、蓄電池を設置することで、太陽光発電で発電した電気を夜間や曇りの日に使用することができます。

また、蓄電池は、停電時に電気を供給できるので、安心感があります。

思い切ってオール電化にする

オール電化住宅にすると、太陽光発電で発電した電気を効率的に利用できるので、電気代を大幅に節約することができます。

また、ガス漏れや一酸化炭素中毒などのリスクを軽減できるので、安全性も高くなります。

ただし、初期費用が高くなる場合がありますので、導入を検討する際には、補助金制度や初期費用をよく検討する必要があります。

定期的にメンテナンスする

太陽光発電システムは、長期間使用していると、汚れや劣化により発電量が低下することがあります。

定期的なメンテナンスをすることで、発電量を維持し、費用対効果を高めることができます。

メンテナンスは、専門業者に依頼するのが一般的です。

メンテナンスの頻度は、システムの規模や設置場所によって異なりますが、一般的に、1年に1回程度のメンテナンスを行えば十分です。

太陽光発電システムのメンテナンスを怠ると、発電量が低下するだけでなく、故障のリスクも高まります。

そのため、定期的なメンテナンスを実施して、太陽光発電システムを長持ちさせ、費用対効果を高めましょう。

太陽光発電を導入し節約に成功した実例

太陽光発電の導入で光熱費を格段に削減した事例

電気代の削減だけでなく売電収入も得られた事例

太陽光発電と蓄電池で月に8000円の節約に成功した事例

まとめ

株式会社サンフィールドでは、太陽光発電や蓄電池などの取り扱いをおこなっています。

各メーカーの豊富な施工実績や、導入後の充実したアフターサービスもあり、安心してお使いいただける体制も整っております。

また、補助金などの代行申請手続きも承っており、導入の際の煩わしさもありません。

少しでも太陽光発電や蓄電池に導入にご興味があるご家庭はお気軽にサンフィールドまでお問合せ下さい。

電話からのお問い合わせ

0120-300-450

受付/10:00〜19:00

※土日祝も営業中

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせ

受付/24時間受付中

※お問い合わせ内容の確認、返信は営業時間中となります。

サンフィールドLINE公式アカウント

ご契約者様向け「修理依頼サービス」や、エコキュートや蓄電池にエラーコードが表示された場合の対処方法を掲載!ご契約をしていないお客様の修理や質問、ご相談もLINEから受け付けております。お気軽にご連絡ください!

LINEお友達登録