その他

IHに手を置くとどうなるの?仕組みや導入するメリットを簡単に説明!

これまではガスコンロが主流でしたが、近年IHクッキングヒーター(以下、IH)の普及が進んでいます。 引越しや新しく家を建てたりリフォームしたりする際にガスコンロとIHどちらが良いのか気になりますよね。今回は、IHの仕組みやメリット、導入する際のポイントを紹介します。

IHの仕組みとは?

ガスコンロは直接火でお鍋などを温めるため分かりやすいですが、IHはどのような仕組みで加熱しているのでしょうか。

そもそも「IH」とは

IHとは「induction heating(電磁誘導加熱)」の頭文字を取ったもので、名前の通り電気で磁場を誘導させ加熱します。この電磁誘導加熱を利用した製品は、IHクッキングヒーターのほかにもIH炊飯器があります。

IHの仕組み

IHはガラス製のトッププレートの下に磁力発生コイルが埋め込まれています。そのコイルに電気(高周波交流電流)を流すと磁力線(磁場)が発生し、その磁力線がガラストッププレートの上に置かれた鍋底の金属部分に当たり抵抗することによって渦電流が発生し発熱します。

IHを手で触るとどうなるの?

上述した通り、IHは磁力線が金属部分に当たり抵抗することによって熱を発します。IHに手を置いても抵抗とならないため、加熱されることはないのでそこまで危険ではありません。それよりも、IHで鍋を熱したあとは鍋の熱がガラストッププレートに移って熱をもっているため、その状態で触ってしまったときには火傷の可能性があり注意が必要です。

IHを導入するメリット

キッチンをIHにすることによってさまざまなメリットが得られます。

熱効率が良い

ガスコンロの場合は、鍋だけでなく周辺の空気まで温めるためロスが発生してしまいますが、IHの場合は鍋自体が発熱するため熱効率がとても高いです。さらに、ガスコンロの場合は鍋のサイズによっては火があたらない部分できてしまうため、IHの方が効率よく温めることができるといえるでしょう。

掃除しやすい

IHはガスコンロと違い、五徳がなく天板がフラットなため掃除がとても簡単です。料理をしているとどうしても吹きこぼれてしまったり油が飛んだりと汚れてしまいがちですが、そういった場合でもIHはひと拭きで掃除が済みます。

安全性が高い

火事の原因で一番多いのはコンロによるもの。一般的によく言われる揚げ物調理中に高温になりすぎた油への引火はもちろん、高齢の方がお住まいのお宅は衣服への引火という事例も多くあります。IHは火を使わないのでそのリスク自体がなく安全性が高いといえます。

IHを導入する際のポイントはある?

太陽光発電・蓄電池・エコキュートと組み合わせる

上述したとおり、IHはガスを使用せず火が出ないため非常に安全性の高い製品です。万が一災害が起こった場合に火災になるリスクは低いうえに、ライフラインの中でも一番復旧が早いのは電気です。東日本大震災の際には、ガスの復旧が34日かかったのに対し電気は6日で復旧しています。災害に備えて太陽光発電や蓄電池、エコキュートとあわせて導入しておくと、もしもの時に少しでも早く元の暮らしが再開できます。

IHを有効活用しよう

株式会社サンフィールドでは、IHだけでなくそういった災害時の備えとなる太陽光発電や蓄電池の取り扱いをおこなっています。各メーカーの豊富な施工実績や、導入後の充実したアフターサービスもあり、安心してお使いいただける体制も整っております。少しでも太陽光発電や蓄電池に導入にご興味があるご家庭はお気軽にサンフィールドまでお問合せ下さい。