太陽光発電システムとは?
太陽光発電システム
とは?

太陽光発電システムとは、「太陽電池」と呼ばれる装置を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。太陽から地上に降り注ぐ「光エネルギー」が「太陽電池」に当たると、 太陽電池を構成している半導体の電子が動き電気が起きる仕組みです。 太陽光発電は太陽エネルギーのみで発電する為、燃料が不要で排気ガスやCO2が発生しません。

1日の発電量の目安は?
1日の発電量の
目安は?

1kWのソーラーパネルで発電できる量の目安は1日約2.7kWhです。一般家庭の太陽光発電で使われるソーラーパネルの多くは、3〜5kW程度です。

1日の発電量の目安
8.2〜13.7kWh となります。
設置する前に知っておきたい
設置する前に
知っておきたい
電気代を削減できる
太陽光発電で発電した電気を自宅で自家消費することで、電気が0円で使えます。 電力料金は電力会社や使用量によって金額が異なりますが、「公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会」が定める電力料金の目安単価は1kWhあたり31円です。 また、システム容量が1kWの太陽光発電の場合、年間で1,000kWh程度の発電量を確保できるといわれています。
1kWの太陽光発電で発電した電気を全て自家消費した場合
売電から自家消費へ
売電価格は年々値下がりを続けており、2023年に売電価格が17円/kWhから16円/kWhに下がりました。FIT法の適用が終了したあとは売電価格が大幅に下落するおそれがあります。 燃料費の高騰、光熱費の値上がりで家計負担が増えています。購入する電気代が年々値上がりしても、太陽光で作った電気は市場に左右されません。電気は必要不可欠なものですから費用を抑える為にも、太陽光発電システムの導入をお勧めします! 発電した電気を自家消費に回せば、電力会社から電気を購入する際の費用を抑えることが出来ます。
天候によって発電量が変わる?

発電量は季節や時間帯によって変わりますが、太陽光がパネルに当たらない時でも十分な明るさがあれば発電量はゼロになりません。曇天でも発電量が減ることはございません。降雪や雨天時は雲が厚い為、太陽光があたりにくくなり発電能力が著しく下がる時がございます。発電量は天候によって左右されますが、一年間を通して見るとわずかな差であるため、心配しすぎることはございません。 太陽光発電は太陽が出ている時にしか使えません。夜になれば当然発電はできなくなります。なので、太陽光の導入を考えている方は蓄電池を利用して、発電時の余った電力を蓄えておくこともお勧めです。

停電しても電気が使える
停電しても電気が
使える

太陽光発電と蓄電池は、家庭やビジネスにおいて非常事態への備えとして優れた選択肢です。家電や携帯電話の充電など、必要な電力が緊急時でも使えるのは、太陽光発電の大きなメリットといえます。蓄電池とセットで利用すれば、日中蓄えた電力を夜間も使用できるので、さらに便利です。

環境に優しい
太陽光発電はCO₂を発生させずに発電ができます。環境への配慮が高く、エネルギーの再生可能な供給源として広く受け入れられています。そのため、多くの国や地域で太陽光発電の導入が増えており、これにより地球環境に対する貢献が行われています。
太陽光発電はCO₂を発生させずに発電ができます。環境への配慮が高く、エネルギーの再生可能な供給源として広く受け入れられています。そのため、多くの国や地域で太陽光発電の導入が増えており、これにより地球環境に対する貢献が行われています。
設置費用が抑えられる
設置費用が
抑えられる

太陽光発電を導入するためには、ソーラーパネル以外にも、パワーコンディショナーや架台などの設備が必要になります。それらの設備に工事費などを含めて、設置にかかる費用は一般的に、購入する場合100万円から150万円前後。地域によっては太陽光発電の導入に対する補助金や助成金が提供されることもございます。 これらの支援制度を利用することで、導入費用を削減できる場合があります。

再エネ賦課金を削減できる
再エネ賦課金を
削減できる

「再生可能エネルギー発電促進賦課金」とは、電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際に発生する費用を、国民全体で負担するもので、電気料金に含まれています。 再エネ賦課金は2012年が0.22円/kWhだったのに対し、2022年5月から1.40円/kWhとなりました。 たとえば、1か月の電力量が260kWhの場合、再エネ賦課金は月額364円、年額4,368円です。[注]太陽光発電を利用すると電気料金が節約でき、同時に再エネ賦課金の支払い額削減にもつながるのです。

2022年以降の買取価格

調達価格等の算定委員顔の「令和4年度以降の調達価格に関する意見」を尊重し、以下のとおり決定します。
住宅用太陽光発電・事業用太陽光発電(入札対象外)

電源

規模
(参考) 2021年度
2022年度

2023年度
住宅用太陽光発電 10kW未満 19円 17円 16円

事業用太陽光発電
10kW以上
50kW未満

12円

11円

10円
50kW以上 入札対象外
11円

10円

9.5円
住宅用太陽光発電・事業用太陽光発電
(入札対象外)

電源

規模
(参考) 2021年度
2022
年度

2023
年度
住宅用
太陽光
発電

10kW
未満

19円

17円

16円



事業用
太陽光
発電
10kW
以上
50kW
未満



12円



11円



10円
50kW
以上
入札対象外



11円



10円



9.5円
太陽光パネルと蓄電池をセットで使うと

電気料金の値上がりが続くなか、太陽光パネルと蓄電池をセットで使い、0円で発電した電気で光熱費を節約するご家庭が増えています。蓄電池は太陽光発電で得た余分な電力を蓄電できる為、毎月の電気代を大幅に削減することが可能です。 蓄電池は高くて元が取れないと思っている方がいますが、国の補助金等で安く購入することが出来ます。気になる方は是非、ご相談ください!

2023年度(令和5年度)に
東京都の補助金が拡充されます!
2023年度(令和5年度)に 東京都の補助金
拡充されます!
例えば、都内の既存住宅に
太陽光発電(3.75kW)蓄電池(10kWh)
同時購入した場合

東京都から、補助金※1最大165万円※2
を受領することができます。

例えば、都内の既存住宅に
太陽光発電(3.75kW) 蓄電池(10kWh)を 同時購入した場合
東京都から、補助金※1
最大
165万円※2
受領することができます。
また今年度から太陽光発電単体でも
補助金が受領可能に!
※1 補助金の正式名称は東京都の「災害にも強く健康にも資する断熱・太陽光住宅普及拡大事業」です。補助金の交付には要件があり、交付されない場合があります。詳しくは、「クールネット東京」サイト内の「家庭における蓄電池導入促進事業 災害にも強く健康にも資する断熱・太陽光住宅普及拡大事業」ページをご参照ください。 ※2 各エリアの補助金の詳細に関しては地方自治体のウェブサイトをご覧ください。また補助金の申請者はお客さまご自身となります。
サポート・補償が充実
サポート・補償が充実

株式会社サンフィールドは、エコキュートを筆頭に太陽光発電システムや蓄電池、V2Hシステムといった再生可能エネルギーによる、環境や経済的にやさしい設備機器を提供している業者です。さまざまなメーカーの施工実績が豊富で、また導入後のアフターサービスも保証されているため、末永く安心して使用することができます。

この商品を見た人はこちらの商品も見ています
この商品を見た人はこちらの
商品も見ています
この商品を見た人はこんなコラムを見ています
この商品を見た人はこんな
コラムを見ています