太陽光発電

太陽光発電の今後の動向は?将来性やニーズを徹底解説!

「太陽光発電に興味があるけど将来性は大丈夫なの?」「今後の動向を見て設置するべきか考えたい」と太陽光発電を設置するべきか悩んでいる人も少なくありません。
長期的に見れば電気代の節約や買電などでコストにおけるメリットを得られるものの、太陽光発電を設置するのにはコストがかかります。
このため、太陽光発電を設置する前にしっかりと太陽光発電の今後や動向予測を理解しておくことが大切です。
今回は、気になる太陽光発電の今後や、太陽光発電を設置するメリット・デメリットについて紹介します。
この記事を読むことで、太陽光発電を設置するべきか理解できるようになるため、ぜひ参考にしてみましょう。

気になる太陽光発電の今後

太陽光発電の今後のニーズは高まっていくのでしょうか。
結論から述べると、今後は太陽光発電をはじめとした自然エネルギーへの需要が高まることが予想されています。
太陽光発電は枯渇の心配がある化石燃料と違い、自然エネルギーを利用した発電方法です。
持続可能な社会を目指すにあたって、エネルギー源の枯渇の心配がない発電方法にシフトする動きが世界で見られています。
例えば、2021年11月に開催されたCOP26では、200カ国が参加して、気候変動対策の取り組みを強化する合意がなされました。
エネルギー資源の少ない日本においても、自然エネルギーにシフトするべきという声が高まっており、中でも太陽光発電に対する注目度が上がっています。
参考:環境省「気候変動枠組条約第26回締約国会議 (COP26)について」

太陽光発電の今後の動向予測

太陽光発電の導入に関して、将来的にどのような動きが見られるようになっていくのでしょうか。
ここでは、太陽光発電の今後の動向予測について説明していきます。

買取価格が下がる

自宅に設置した太陽光発電システムで生成した電力は、電力事業者に「買電」することができます。
しかし、将来的にはこの買電価格が低下していくことが予想されています。
実際に、買電価格が低下することで、「初期費用を回収するまでの期間が長期化するのでは?」という懸念の声も多く見受けられます。
しかし、買電価格の低下が予想されているのと同時に、システムの性能も上がっているため、効率的に発電を行えば、初期費用を回収する前の期間を短縮できる可能性もあるのです。
また、買電価格が低下しても、太陽光発電は自宅で使用することができるため、電気代の節約になることには変わりがありません

設置コストが安くなる

太陽光発電の普及に伴って、設置コストが将来的に安くなっていくことが予想されています。
以前は太陽光発電を設置するには多大なコストがかかるイメージが保たれていましたが、太陽光発電を設置するハードルは年々低くなっていくでしょう。設置コストが低下することで、初期費用を回収できるまでの期間を短縮できる可能性が高まります。

エネルギーリフォームが普及する

今後はエネルギーリフォームを実施する家庭が増加していくことが予想されています。
エネルギーリフォームとは、断熱性能を向上させるなどして、室内で冷暖房を使用する頻度を減らすことなどを目指したリフォームのことです。
持続可能な取り組みを強化する動きが加速しているだけでなく、電気代等のコストを削減できるなどのメリットがあるため、エネルギーリフォームが主流となっていくと言われています。
エネルギーリフォームの普及に伴って、太陽光発電を設置する家庭も増えていくでしょう。

ゼロエネルギーハウスの新築が増加する

リフォームだけでなく、新築を新たに建てる場合でも、エコフレンドリーな社会の実現を目指した「ゼロエネルギーハウス」を採用する家庭が増えていくでしょう。
ゼロエネルギーハウスとは、高効率な設備システムを導入し、断熱性能を向上させることで一次エネルギー消費量のプラス・マイナスがゼロになることを実現する住宅のことです。
自宅で使用する分のエネルギーをまかなえるようになるため、光熱費を抑えられるだけでなく余った電力は買電することができます。
このように太陽光発電システムをはじめとして、エネルギーリフォームやゼロエネルギーハウスを導入する割合は大きくなっていくでしょう。

太陽光発電を設置するメリット

太陽光発電を設置するメリットには何が挙げられるでしょうか。ここでは、太陽光発電を設置するメリットを紹介します。

電気代を節約できる

太陽光発電を設置するメリットとして、まず電気代を節約できることが挙げられるでしょう。自宅で使用する電力を太陽光発電で生成したエネルギーで補えるため、電気代を削減することができます。
特に光熱費が高くなりやすい夏や冬でも、太陽光発電を活用することで、電気代を抑えることができるのです。
長期的に考えれば初期費用もカバーできるため、家庭への負担をロングスパンで減らしたい人は導入を検討すると良いでしょう。

手入れが少ない

手入れが少ない点も太陽光発電を設置するメリットと言えます。
太陽光発電システムは、基本的に寿命年数が長いものが多いです。
もちろん、安全性を保つために定期的に点検することは重要ですが、製品によっては30年近く手入れをせずに機能した場合もあります。
ただし、汚れや破損などがある場合はトラブルにつながることがあるため、4年に1回はメンテナンスを実施するようにしましょう。
※あくまで目安なため、製品購入時に必ず業者にメンテナンスについて確認するようにしてください。

地球温暖化の防止につながる

太陽光発電は再生可能な自然エネルギーであるため、地球温暖化の防止に貢献できます。
近年では、気候変動について懸念の声が世界規模で高まっており、日本国内でもSNSでキャンペーンを実施したり、デモを行ったりするアクションが見受けられるようになりました。
エネルギー資源が乏しいといわれている日本は、石炭火力発電やLNG火力発電に依存しています。
しかし、持続可能な社会を目指すためには太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーにシフトする必要があるのです。
一人ひとりが実施できるアクションの一つとして、太陽光発電の導入は大きな意味をもつことになるでしょう。

発電した電力を売れる

太陽光発電を設置するメリットとして、発電した電力を販売できることも考えられるでしょう。
自宅で発電した電力は、電力事業者に買電することが可能です。
電気を売却することで収入を得られるため、設置にかかったコストをカバーできます。
また、将来的に買電価格の低下が叫ばれていますが、それでも光熱費の削減につながると考えると、コスト面におけるメリットは大きいと言えるでしょう。

断熱効果がある

太陽光発電には断熱効果があります。
断熱効果とは、熱を伝わりにくくする仕組みのことです。
太陽光発電のソーラーパネルが直射日光を防いでくれるため、快適に過ごせるようになります。
また、冬場は熱が外部に放出されるのを防ぐ役割があるため、室内の温かさを保つことができるのです。
断熱効果を利用すれば、エアコンやヒーターなどを使用する頻度を減らすことができ、結果的に電気代の削減につながるでしょう。

太陽光発電を設置するデメリット

ここまで太陽光発電を設置するメリットについて紹介してきましたが、デメリットには何が挙げられるのでしょうか。
デメリットをしっかりと把握した上で設置をするようにしましょう。

設置費用がかかる

太陽光発電を設置する場合、太陽光発電システムを設置する製品を購入するなど、初期費用がかかります。
やはり、ここの部分がネックとなり、なかなか太陽光発電の導入までに踏み切れないという人も多いようです。
しかし、太陽光発電を設置するコストは年々減少傾向にあり、将来的にもより低コストで設置できるようになると言われています。
また、太陽光発電を設置するにあたって、補助金制度を利用することが可能です。
各自治体が補助金制度を設けているため、ぜひ確認しておきましょう。

天候に左右される

太陽光発電は天候に左右されてしまいます。太陽の力を使いエネルギーを作りますので、太陽が出ない雨の日や曇りの日は、発電量が下がります。積雪などでソーラーパネルの表面を雪が覆ってしまうと、発電が出来ない場合もあります。例えば快晴の日を100%とした場合、曇天の日は発電量が50%程度、雨天の日は20%以下と言われています。しかし、パネルの角度や向きで発電効率を上げることは出来ます。太陽光パネルを設置する際は、パネルの向きや角度を必ず確認しましょう。

太陽光発電の今後の動きに注目しよう

今回は、太陽光発電に興味がある人に向けて、太陽光発電の今後の動向について解説しました。
自然エネルギーに対するニーズは将来的にも高まっていくため、太陽光発電をはじめとしたシステムへの需要も必然的に高くなることが予想されます。買電価格は低下していくと言われていますが、設置コストは安くなるため、太陽光発電の設置を検討してみてはいかがでしょうか。
メリットが多く、需要が高くなっていくことが予想されている太陽光発電を導入する場合は、サンフィールドで施工サービスを提供しているため、ぜひ検討してみましょう。