太陽光発電、エコキュート、IHクッキングヒーターを設置したオール電化住宅

オール電化住宅とは、太陽光発電、エコキュート、IHクッキングヒーターを設置した家です。

オール電化とは、調理、給湯、空調(冷暖房)などのシステムを全て電気によってまかなうシステムのことを言います。ガスや石油を使用した給湯器やガスコンロ、ヒーター等を太陽光発電にき切替える事で、生活の全てを電気のエネルギーでまかないます。今までガスを使用していた給湯器をエコキュートに、ガスコンロをIHクッキングヒーターに交換します。
オール電化の生活は、炎がなく安全で、お部屋の空気を汚す排気ガスも出ません。自宅で電力を作るという事は省エネに繋がるだけでなく、CO2を発生しない為、地球環境にもやさしい暮らしになります。さらに、オール電化なら光熱費がひとまとめに出来る為、電気代の節約につながります。

オール電化生活に欠かせないのが「エコキュート」と呼ばれる電気給湯器です。正式名称を「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」と言い、大気の熱に圧力を加えて高温にし、お湯を沸かすシステムです。ガスを使わず、地球環境への負荷をおさえた自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機です。エコキュートはエアコンと同様、コンプレッサーを内蔵した室外機を使用し、自然冷媒を電気の力で圧縮・膨張させます。自然冷媒が「ガス⇔液体」と変化し、気化と液化による熱交換を利用するシステムになっています。エアコン室外機はフロンを冷媒にしていますが、エコキュートは二酸化炭素を冷媒としているという違いがあります。フロンは、冷媒としての性能が非常に高い特徴がありますが、オゾン層の破壊が懸念されるため、その利用は削減方向に向かっています。対して、二酸化炭素冷媒はオゾン層破壊係数がゼロ、地球温暖化係数もフロンに比べ著しく小さいという利点があります。

オール電化住宅に欠かせない電気給湯器エコキュートのしくみ

エコキュートのしくみ
①ヒートポンプで大気中の熱を集める
②集まった熱を空気熱交換器で冷媒へ渡す
③熱を受取った冷媒は、圧縮されて高温になる
④高温化された冷媒は水熱交換器で水に熱を渡してお湯を沸かす
⑤水に熱を渡した冷媒は低温になり、空気熱交換器へ戻る

オール電化で光熱費削減!

お風呂やキッチン、冬の暖房機器としてガスをお使いの場合、光熱費は電気代・ガス代、両方支払っていることになります。オール電化にすると、ガスの契約が無くなるので、ガスの基本料金を支払う必要がありません。エコキュートを導入すれば、給湯にかかるコストも大幅に削減されます。エコキュートは主に料金の安い深夜電力を使ってお湯を沸かすのでとても経済的です。家庭で使われる消費エネルギーの約3分の1が給湯に関わるコストだという事を考えると、大きな節約に繋がります。

オール電化住宅におすすめ。東京電力のスマートライフプラン。

さらに、各電力会社で用意されている電気料金プラン「時間帯別電灯」に変更することで、よりコストダウンが可能になります。
各電力会社でプラン名称は違いますが、内容はほぼ同じです。いずれも夜間の電気料金が安く設定されています。洗濯機・炊飯機・食器洗い機はタイマー機能を使用し夜に行うと光熱費削減になります。

オール電化のメリット

【光熱費を大幅削減!】
ガス熱源を建物に引き込まないことで、基本料金を電気に一本化できるため、ガスの基本料金が無くなります。建物新築時にはガス配管の敷設が不要となり、マイコンメーターやガス警報器といった安全装置を設置しなくても良いので、その分もコスト減となります。

【ライフラインとして緊急時に使用可能!】
大きな震災が起こった際など、インフラが災害でダメージを受けた場合のライフラインの復旧は、電力が最も早く一週間以内ですが、都市ガスは二ヶ月程度かかります。オール電化であれば、電気の復旧は熱源の復旧と同じですから、照明だけでなく暖房や調理熱源の復旧も可能となり、「災害に強い家」と言えます。また、エコキュートをはじめとする電気給湯機は貯湯式のため、非常用取水栓からお湯を取り出せるタイプがあります。断水時の生活用水として温水が確保出来る事は、不安な気持ちを和らげる強い味方となります。

【安心・安全!】
火を使わないIHクッキングヒーターは炎が発生しないため、衣類への着火事故を低減できます。室内で炎を燃焼させないので、空気汚染を低減し、二酸化炭素の発生量を抑えられるというメリットもあります。ガス漏れの心配や、不完全燃焼による一酸化炭素中毒の心配もいりません。小さなお子様やご年配の方、ペットを飼っていらっしゃるご家庭にもおすすめです。

【調理器具の清掃が楽ちん!】
オール電化住宅で採用されるIHクッキングヒーターは天板の調理面がフラットなので、調理後はサッと一拭きするだけで、調理汚れを除去出来ます。従来のガスコンロのように、ゴトク(鍋やフライパンなどの加熱用容器を支持する為に用いられる器具)まわりのスス汚れや、ガス燃焼のために空気が汚れることがありませんので、キッチンまわりを清潔に保てます。また、火を使うガスコンロでの料理は余熱が部屋中に拡散し、特にキッチン廻りはとても高温になります。冬場は室温との温度差で部屋の結露に繋がり、湿気がカビやダニなどのアレルギー源を作ってしまいます。しかし、IHクッキングヒーターであれば直火を使用しないので、料理中の余熱はほとんど出ません。夏場は料理中のエアコン使用も控えることが出来ますので、結果として光熱費を抑えることが可能になります。

オール電化のデメリット

【初期費用がかかる…】
太陽光発電システムやエコキュート、IHクッキングヒーターの普及により、本体価格は下がり、種類も増えました。以前よりも身近になりましたが、設置の際は使用していたガスコンロやガス管を撤去したり、水道管・電気配線関連の工事を行わなければなりません。費用がかかると思われますが、実際には設置後に光熱費が下がりますので、その分で相殺する事が出来るのです。

【スペースの確保が必要…】
オール電化住宅の場合、エコキュートなどの電気温水器を設置するのが一般的です。貯湯量によって違いますが、高さ2m前後のタンクを敷地内に設置する為のスペースが必要になります。中にはコンパクトタイプや、薄型のスリムタイプもあるので、ご家族の人数に合わせて容量を選びます。 戸建住宅の場合は、建物に隣接した場所で地面にコンクリートの基礎を作って設置します。

【停電になると使用出来ない…】
オール電化住宅は家庭の電化製品を全て「電気」でまかなう為、停電時にはIHクッキングヒーターも給湯も利用出来ません。しかし、東日本大震災の様な災害が起こった場合、電気のみならずライフラインの全てが停止してしまいます。そんな時に一番復旧が早いのが電気ですから、太陽光発電システムを設置している場合は自宅で電気を作る事が出来るので強い味方となります。電力会社からの電気供給がストップしても、自立運転に切替えることで日中は専用コンセントを通じてAC100Vが使用出来ます。念の為、災害時用に電気を使用しない石油ストーブやカセットコンロなどを準備しておくのも一つの手段です。

【ライフスタイルにより節電効果に差が出る…】
オール電化住宅は、夜間の電気料金が安い時間帯を上手に利用すると節電効果が期待できますが、昼間の在宅が多い場合は必然的に電気使用量も多くなります。導入によって現在の生活スタイルを変えなければならない場合もあり、本当にメリットがあるのか検証が必要です。深夜に多くの電力を使用し、かつ昼間に電力をあまり使用しないご家庭であれば、金額面に大きなメリットがあります。

オール電化住宅へのステップ1

まずはお気軽に電話またはメールにてお問い合わせください。担当者が疑問点・ご要望などをお伺い致します。

オール電化住宅へのステップ2

弊社担当者がお客様のご自宅にお伺いして、エコキュートやIHクッキングヒーターの経済的メリット、施工など資料を交えながら詳しく解説致します。
※ご希望の日時をお伝えください。

オール電化住宅へのステップ3

エコキュートが設置可能なのか、搬入経路をどうするか、などを現地調査させていただきます。

オール電化住宅へのステップ4

お打合せからお客様のご要望に沿ったプランや製品の見積書をご提出致します。

オール電化住宅へのステップ5

見積書、工期、お支払い条件などご確認いただき契約書を交わします。

オール電化住宅へのステップ6

施工は通常半日ほどで完了致します。
必要であれば電気工事も並行して行います。

オール電化住宅へのステップ7

電力会社で時間帯別電灯用のメーター取付工事を行います。
お客様と電力会社立ち合いのもと、最終確認を行います。

オール電化住宅へのステップ8

快適なオール電化生活のスタートです!

ボーダー

小さなリフォームから、おうち丸ごとリフォームまで、理想の住まいを経験豊富な専門スタッフが実現させます。まずはお電話またはメールにてご相談ください。

オール電化に関するお電話でのお問い合わせは03-5645-3535まで オール電化に関するメールでのお問い合わせはこちら